先生紹介

ごあいさつ

この度、奈良県生駒市にて小児科「たけつな小児科クリニック」を開院させていただくことになりました、院長の竹綱 庸仁(たけつな のぶひと)です。

研修医終了後より大学病院で約7年間、風邪のお子様から集中治療を要するお子様まで幅広いこどもたちの診療に従事しておりました。
平成21年に小児科専門医を取得し、平成25年より生駒市の二次医療機関で小児科の立ち上げの仕事に携わり、約4年間、感染症、食物アレルギー、気管支喘息などの一般 的な小児科診療とあわせ専門外来として、てんかん、頭痛などの検査と治療を行って参りました。

これまで培った経験を活かし、未来ある奈良のこどもたちの「こころ」と「からだ」の支えになれるように、そしておとうさん、おかあさんを含めた、こどもたちに関わるすべての人が安心できる空間をつくれるように、皆様と一緒にクリニックも成長していきたいと思いますので、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

ペン

 こどもたちの
「こころ」と「からだ」の
 支えになれるように

院長立ち姿

先生紹介

飾り

院長の写真

竹綱 庸仁 たけつな のぶひと

  • 平成16年
    愛知医科大学医学部卒業、愛知医科大学病院 卒後臨床研修医
  • 平成18年
    愛知医科大学病院 小児科入局
  • 平成23年
    愛知医科大学小児科 助教
  • 平成25年
    医療法人和幸会 阪奈中央病院勤務(小児科)
  • 平成29年
    たけつな小児科クリニック開院
  • 日本小児科学会(専門医/指導医)
  • 日本外来小児科学会
  • 日本小児科医会(地域総合小児医療認定医)
  • 日本小児神経学会
  • 日本頭痛学会

飾り

診療への想い

お子様が病気になったときに、おとうさん、おかあさんはとても不安になると思います。
特にこどもは日中元気でも、急に夜間になると調子が悪くなることがよくあります。
例えば大阪であれば大きな病院がいくつもあり、夜診察をしてくれる病院もあり、
小児科の先生に診てもらえる環境がある程度整っています。
しかし、残念ながら奈良には夜に小児科の先生に診てもらえる環境、また、生駒市周辺でも入院ができる施設は限られています。

私自身、生駒市の二次医療機関(入院が可能な病院)で約4年間小児医療に従事し、
もっと、おとうさん、おかあさんに寄り添い、安心して子育てをしてもらえるように、
一緒にお子様の子育てのお手伝いができればという想いから、クリニックを開院させていただきました。
本来、クリニックは入院や精密検査が必要なお子様、重症のお子様は二次医療機関や高度医療を行う三次医療機関に受診をお願いしています。

名刺を渡している写真

しかし、私たちのクリニックでは可能な限りお家の近くでしっかりとした検査、治療ができればという想いから、院内での血液検査をはじめ、
脳波検査、レントゲン検査ができるように、また、軽症の救急患者様の治療ができるように体制を整えております。

一番の希望はそのような検査機器を使用することなく、お子様が元気に過ごしていただけたらと切に願っていますが、もし病気になったときには安心して受診していただける環境を作っていきたいと想っています。

森のイラスト

森のイラスト

Copyright たけつな小児科クリニック.
All Rights Reserved.

トップへ戻る